The 19th Annual Conference of Japan Society of Maternity Nursing

第19回日本母性看護学会学術集会

ご挨拶▷ ページを更新する

第19回日本母性看護学会 学術集会のご案内

学術集会長 町浦 美智子
(武庫川女子大学看護学部)

この度第19回日本母性看護学会学術集会を、平成29年6月11日(日)兵庫県西宮市の武庫川女子大学中央キャンパスで開催させていただくことになりました。

メインテーマは「ライフサイクルにおけるセクシュアリティ支援 ~多様性の意識化と実践~」といたしました。セクシュアリティとは単なる性行動のみならず人間の関係性をも包含した人としての基本的な権利でもあると認識されています。母性看護学や助産学では看護実践の基本となる重要な概念でもあります。

ライフサイクルにおいて看護援助の対象となる人々はセクシュアリティに関するさまざまな課題・問題を抱えていると考えられます。しかしながら、看護職者がその課題・問題に対してどう対応したらよいのかわからない場合もあるのではないでしょうか?そこで、セクシュアリティに対する支援も多種多様であることを意識し、個別的な支援を実践するためにはどうすればよいのか、学会にご参加いただいた皆様とともに探求していきたいと考えております。

プログラムは理事長講演、特別講演、教育講演、シンポジウム、高校生向けのナーシングサイエンスカフェ、母性看護専門看護師による実践報告会、交流集会、ランチョンセミナーを企画しております。一般演題はセクシュアリティに限定せず幅広く母性に関する研究、実践について募集いたしますので、ぜひこの機会にご発表いただけますようお願い申し上げます。

1日限りの学術集会ではありますが、緑多いキャンパスの中庭で一息つきながら多くの参加者が互いの交流を深め、実り多き1日となりますことを願っております。皆様のご参加を心よりお待ち申しあげます。

ナーシングサイエンスカフェ
参加者募集
お申込みはこちら※高校生対象

開催会場

武庫川女子大学
兵庫県西宮市池開町6-46

ポスター

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

事務局

第19回
日本母性看護学会学術集会
事務局
武庫川女子大学 看護学部
〒663-8558
兵庫県西宮市池開町6-46
E-mail :
jsmn2017@mukogawa-u.ac.jp
▲ TOP